1010円 【美浜通商】リラックスゆたぽん ほぐれる温蒸気 目もと用 男性用大きめサイズ ドラッグストア 衛生用品・ヘルスケア 温熱用品 美浜通商 リラックスゆたぽん 国内送料無料 ほぐれる温蒸気 男性用大きめサイズ 目もと用 美浜通商 リラックスゆたぽん 国内送料無料 ほぐれる温蒸気 男性用大きめサイズ 目もと用 1010円 【美浜通商】リラックスゆたぽん ほぐれる温蒸気 目もと用 男性用大きめサイズ ドラッグストア 衛生用品・ヘルスケア 温熱用品 1010円,目もと用,/disquietude74946.html,ほぐれる温蒸気,ドラッグストア , 衛生用品・ヘルスケア , 温熱用品,onlineflexjob.net,男性用大きめサイズ,【美浜通商】リラックスゆたぽん 1010円,目もと用,/disquietude74946.html,ほぐれる温蒸気,ドラッグストア , 衛生用品・ヘルスケア , 温熱用品,onlineflexjob.net,男性用大きめサイズ,【美浜通商】リラックスゆたぽん

美浜通商 リラックスゆたぽん 国内送料無料 ほぐれる温蒸気 【88%OFF!】 男性用大きめサイズ 目もと用

【美浜通商】リラックスゆたぽん ほぐれる温蒸気 目もと用 男性用大きめサイズ

1010円

【美浜通商】リラックスゆたぽん ほぐれる温蒸気 目もと用 男性用大きめサイズ

あずきとセラミックの2つのたっぷり蒸気で温め、気分までほぐれる保温具です。●電子レンジでチンするだけで心地よい温かさが約5分続きます。(室温や使用環境により持続時間は異なります。)●あずきとセラミックによるたっぷり蒸気が目もと全体を包み込みます。一日働いた目を奥までじんわり温めることで、気分までほぐれていきます。●ほどよく重みがあり、目もとにフィットするラウンド形状タイプです。●365回くり返し使えます。 【用途】目もとの保温用【成分】あずき、セラミック(鉱物)【本体表面素材】綿【使用方法】(1)透明袋から本品を取り出してください。(2)加熱前に電子レンジ内の汚れをよく拭き取ってください。※本品に汚れが付着すると、その部分だけが異常に加熱され、発煙・発火する恐れがあります。(3)文字の書いている面を下側にし、電子レンジの中央に入れて加熱します。中身の片寄りがないように平らにして置いてください。※加熱中は電子レンジのそばを離れないでください。(4)文字の書いてある面を外側にして目もとに当ててご使用ください。※再加熱は次の使用までに4時間以上空けて、1日4回を限度としてください。・使用後、十分に湿気を吸収させないと中身が異常に熱くなり、やけどや焦げ、発煙の恐れがあります。【注意】<加熱時の注意>1.レンジ出力および加熱時間を必ず守って使用してください。※加熱しすぎると、やけどや焦げ、発煙の恐れがあります。2.ターンテーブル型の電子レンジを使用する際は、加熱中、ターンテーブルが回っていることを確認してください。3.電子レンジから取り出す際に熱いと感じた時は、無理に取り出さず、十分冷ましてから取り出してください。4.自動モード(オート加熱、おまかせ加熱など)は使用しないでください。過剰加熱の恐れがあります。※必ず電子レンジ機能で加熱し、オーブン機能、スチーム機能では加熱しないでください。5.焦げたニオイがしたら、すぐ加熱を中止してください。6.幼児だけで加熱はさせないでください。7.電子レンジ以外での加熱はできません。<使用上の注意>1.用途以外には使用しないでください。2.目を閉じて使用してください。3.コンタクトレンズは外して使用してください。4.やけどを防止するため、以下の点にご注意ください。・肌の弱い方、皮膚に異常のある部位や発熱している部位には使用しないでください。・乳幼児やペット、泥酔時や就寝中には使用しないでください。・身体のご不自由な方などがご使用になる場合は、まわりの方が十分にご注意ください。

【美浜通商】リラックスゆたぽん ほぐれる温蒸気 目もと用 男性用大きめサイズ

動画を見ながら画面に字幕をつけていくという作業をやっている。英語のスクリプトをもらってそれを日本語に訳す、というのは2回ぐらいやったことがあったけれど、こういう作業は生まれて初めてだ。

もちろん、わたしの聴解力では完全に理解することを保証できないので、別の人の取ったスクリプトももらって作業をしている。しかし、そのスクリプトも完璧ではなくて、こりゃ間違いだろう、と思う部分もけっこうある。

いまのところ、新鮮でおもしろいと感じている。映画のようなものではなくてインタビューなので芸術的な要素はまったくないけれど、それでも、文章の翻訳と違って「すべてを訳せない」というところが逆におもしろい。それと、テレビで鳥飼玖美子先生が意味を説明するときのように、発言の順番のとおりに前から前から訳していく、という作業にも工夫が必要で、それも楽しい。
スポンサーサイト



なんで、NHK のニュースまで「エンブレム」なんてカタカナ語を使っているのかなあ。しかも何の説明なしで。

ニュースを見ながら、「エンブレムってなんだ?」と思っている人が全体でも四割ぐらいはいるような気がするけれど。わたし以上の高齢者なら五割以上だろう。
専門でもないのにちょっとした字幕翻訳をやることになって、句読点はどうするのだろうと思った。映画などの字幕を思い出してみると句点はついていなかったような気がする。読点はどうだったか。

Google で検索してみると、句点は半角スペース1つ、読点は半角スペース2つ入れると書いてあるページがあった。なるほど。

ついでに数字はどうなんだろうと思ったら、1桁のときは全角、2桁以上は半角らしい。どこかで見たようなルールだ。
かつて IT 業界にいたので仲間うちで「アプリ」ということはあったが、俗語という認識だったので公式な場で使うことはなかった。それ以前に、省略する前の「アプリケーション」という語でさえ業界用語というのか意味の取りにくいカタカナ語なので説明なしに使うのははばかられた。当時、日本 IBM は「適用業務プログラム」と呼んでいたと思う。最近は NHK のニュースまで説明なしに「アプリ」というようになっているようで、なんだか奇妙な感じがしている。
USB冷蔵庫用清浄機 USBオゾンディフューザー 冷蔵庫用脱臭剤 食品保存 家電製品

松本龍復興担当大臣の発言にはおどろいた。「~やれ」とか「~しろ」なんて命令形が仕事で使われるのは上司が部下に命令するときぐらいだろう。もっとも、わたし自身は(会社員だったときでも)そのような命令を上司からされたこともないし部下にしたこともないが。大臣と知事はどちらが上司というわけでもないから、単に失礼な口をきくやつ、というしかない。

さらに「九州人だから語気が荒い」「B型だから短絡的なところがある」というレッテル貼り丸出しの言い訳にもおどろいたし、自分のオフレコ発言を書いた会社は終わるとかいう恫喝にもおどろいた。よく部落解放同盟の幹部をやっているものだ。